検定案内

日程

5月、8月、11月(年3回)の最終日曜日となります。(下記参照)

検定実施月日 試験地 受付期間
第209回 2019年11月24日(日) 東京 名古屋 大阪 佐賀 鹿児島 11月24日実施済
第210回 2020年5月31日(日) 札幌 盛岡 東京 名古屋 大阪 福岡 中止
第211回 2020年8月30日(日) 長岡 東京 名古屋 大阪 2020年7月1日~8月10日
第212回 2020年11月29日(日) 東京 名古屋 大阪 佐賀 鹿児島 2020年10月1日~11月10日

検定会場

               ★ 第210回速記技能検定『中止』のお知らせ ★

       5月31日(日)に実施を予定していました第210回速記技能検定は、新型コロナウイルスの感染拡大が

       懸念される状況下、受験者及び検定実施委員の安全を第一に考え、中止することとなりました。

        今回予定していた試験地の札幌、盛岡、東京、名古屋、大阪、福岡のうち、札幌、盛岡、福岡については、

       5月検定の中止により年1回の実施機会が失われることから、8月検定に組み込む方向で調整しています。

       関係者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、何とぞご理解のほどをお願いいたします。

    

受験料

1級 2級 3級 4級 5級 6級
6,000円 5,000円 4,000円 3,000円 2,500円 2,000円

試験時間

東京・大阪試験会場では、ダブル受験(午前と午後で1つずつ)が可能です。

試験場 受付時間 検定開始
東京・大阪試験場(午前) 3級・5級 10:45~11:15 11:30
東京・大阪試験場(午後) 1級・2級・4級・6級 12:55~13:25 13:40
その他の試験場 1級~6級 12:00~12:40 13:00

※反訳時間 ・・・ 1・2級は130分、3~6級は60分となります。

採点基準

  • 誤字、脱字、余分な字、判読不明瞭な字、同音異字等は、原則として1字1失点とする。
  • 誤訳、脱訳、未訳は、訂正した字数により失点とする。
  • 送り仮名の送り方、仮名・漢字のいずれにも書く社会的慣用のあるもの、字体の新旧については失点としない。
  • 仮名遣いは、現代仮名遣いによる。

合否の通知・認定等

  • 試験日から約1カ月後に合格・不合格の通知をお送りします。
  • 合格された方は、協会備えつけの合格者名簿に登録し、日本速記協会の機関誌「日本の速記」誌上で公表します。
  • 履歴書の「資格」欄に、「〇年〇月〇日 第〇回速記技能検定〇級合格」と記載できます。

成績優秀者の表彰

検定の成績が特に優秀だった方には、文部科学大臣賞、協会最優秀賞、協会優秀賞、協会奨励賞等を授与します。